ジャケットのトワル

以前書いたジャケットのパターンのトワルを縫ってみると、袖山を低くした分、肩の傾斜が緩やかになり、腕が上がりやすくなりました。その分運動量が袖下に入ることになるので、落ち着きは悪くなりシワが入ることになります。

ジャケットはシワが出ないように作るのが基本だと思いますが、袖と身頃を一続きにしているのは、ソフトなショルダーラインを出すためにしているので、そのためのきれいなシワを入れるようにしています。これによりメンズのような構築的な身頃に丸いショルダーラインのジャケットが出来上がり、なおかつ腕の上げ下ろしが楽なジャケットになります。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM