パターンの作成

私はパターンは基本的には平面で引いていますが、立体と平面を行ったり来たり確認しながら進める方法を採用しています。

立体をベースに考えておられるパターンナーの方が作られたサイトで、1年ほど前に外注のパターンナーさんに教えてもらったサイト「玉置の仕事場」は論理的で参考になります。

学校や技術書で学んでも、なぜそうなるかの理由を理解していないとそれを使いこなすことはできないけど、衿の構成などは非常にわかりやすく説明されているのでおすすめです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM