CADの導入

新しいパソコンを購入したのはCADを導入するためです。
手引きのパターンをCADに入力する際に出る誤差の解決策を考える中で「手引き→トレーシングペーパーにトレース→データ入力→紙に出力」という工程で進めるより、CADでパターンを引けば出力時と出力後の紙の伸縮で生じる誤差だけにとどめることができるという結論に至りました。
そこで、3月、4月の展示会の際にCADを使っておられるパターンナーさんやデザイナーに色々と話を聞いてリサーチしてきました。
また、AWからSSに切り替わる期間はSSからAWに切り替わる期間よりも長いので、操作に慣れるまでのことを考えるとこの春を逃すと来年春までないこと、またタイミングよく東レのCADの新製品が出たことも背中を押してくれました。

とはいえまだトレーニングを受けてないので全然使えません。リサーチ段階で購入した文化のCADの教科書を見ながら少し予習してみましたが、文化のパターンの引き方が元になっていること、導入したCADと教科書に書かれている操作に若干の違いがあることなどでここから先は独力で進めそうにないとこまでは行きました。予習をしたことでわからないことや「こういう操作をしたいけど、どうしたらできるのか?」という疑問も明確にできたのでトレーニングに生かせそうです。



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM