2014-15AWカットソー

他に先行してサンプルを上げなければならないのが1型あるので動き出しました。
今シーズンのパターンの考え方の基本となるもので、新しい挑戦が盛り込まれたものなのですこし時間がかかりました。
今までコートやジャケットで身頃から裁ち続きの袖のアイテムを数多く作ってきました。とはいえ私が作り続けているものは二面構成の脇から袖下を大きなカーブでつなげるようないわゆる「ドルマンスリーブ」といわれるものではなく、通常のセットインスリーブと比べても、かま底をそれほど繰り下げずに袖下の運動量を保持した立体の構成を残したものです。
ただこのような袖を構成する場合、袖下の立体を構成するために角縫いのための切り込み箇所が発生するので、裏地のつかないものやカットソーではできないという欠点がありました。
そこで今回取り組んだのはデザイン線の工夫で角縫いをなくし、裏地のつかないものでも作れるような構造に取り組みました。
パターンナーさんに工業化してもらうためのトレースに出すのもぎりぎりまで待っていただいて納得いくまでやり直していいカンジのものになったと思います。サンプルが上がってきたら再度確認して新シーズンのパターンの方向性を確認したいと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM