バストダーツの取扱い

2013SSの制作をはじめてますが、バストダーツをどう取り扱うかをちょっと悩みながら進めていました。それは今期に限らずHidenobu Yasuiというブランドとしての考え方としてです。シルエットはもちろん大事。でもそれだけじゃないのがファッションです。

色々見て回って一番気になったのは某ラグジュアリーブランド。
このブランドはドレスを含めてどんなアイテムでもダーツを入れていません。そのためマネキンに着せつけてるドレスは裾の前が跳ね美しくありません。もちろんマネキンに着せつけるのと違い、人間が着るとなじんで気にならなくなる場合もありますが、ダーツ全量をサイドネックからバストラインの間でたたんで処理していると思われ、さすがにその分量は多すぎる。素材がしっかりしたウールが使われていたのでそれでなんとかシルエットをキープしようという考え方のようでした。

面白い考え方ですが、これはHidenobu Yasuiには採用できません。今までと服のキャラクターが変わってしまいます。

で、私の結論としては
1.ダーツを入れる場合、全量は入れずデザインとして展開し残りを取る。
2.サイドネックからバストラインの間でたたんで処理するのにも分量の制限を設定する。
という方針でパターンの作成を進めたいと考えています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM