身頃続きの袖

2008SSからブランドとしてスタートして以来作り続けている身頃続きの袖。もっといえばセントマMAの学生時代からやってる袖。少しづつ進化してきていますが、まだ納得いくところまで到達できていません。
それは形状が特殊でパターンの本などにも載っていない為、この袖の理論構築が完成していないのが理由のひとつにあげられると思います。
丸い肩線のラインを出し、肩の可動域を確保しつつ2枚袖(実際には肩線からの延長線は接ぎ目が入るので3枚袖)で構成するため全体のバランスが非常に難しいのです。

とはいえ昨シーズンにジャケットを作成したときの理論である程度うまくいったので、今回はそこからの進化でパターンを作成しました。平面上では非常にいいカンジなのでトワルを組んで確認してみようと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM