RIP Louise

セントマーティンズのMA Fashionのコースディレクターだった恩師のルイーズが先週末に亡くなったことを今朝、セントマーティンズの卒業生に配信されるメールで知りました。色々怒られたし怖かったけど、私だけでなく彼女の教え子はみんなルイーズのことが好きでした。いつも彼女の指摘は的確で学生の良さを引き出したり、自分の良さに気づかせてくれる人でした。「セントマーティンズのMA Fashion=ルイーズ」みたいな替えのきかない人だったので、ルイーズのいないMAは考えられないです。
私にとってはこの仕事をしていく上で影響を受けている人なので、人は必ず死ぬのはわかっているけどやっぱりさみしいです。



ロンドン思い出の記(その12)

オリンピックの周辺取材を見ていると懐かしい今日この頃。
Trafalgar Squareも非常に思い出深い場所です。

National Gallery前の広場はいつも観光客でいっぱいの場所ですが、ロンドンの阪神ファンには「虎ファルガースクウェア」として知られています。
2005年の優勝の時はTrafalgar Squareで私も六甲おろしを歌いジェット風船をあげました。
そのあとはその場であった阪神ファンで近くのパブに向かい祝勝会。日系の新聞からの取材も受けました。

まあ今年はここに阪神ファンが集合する事は残念ながらないでしょうが。。。




ロンドン思い出の記(その11)

セントマのチャーリングクロスの校舎近く、SOHOにあるジャズクラブ「ronnie scott's」。
結構大物も来る老舗ジャズクラブです。
私がロンドンにいた頃にオーナーが変わってリニューアルされてこの外観になりました。
学生に取って決してお安くはなかったですが通いました。




ロンドンに住んで感じた事のひとつに学生に手厚いという事があげられると思います。このronnie scott'sの様なジャズクラブも学割で入れたりします。文房具やCD、DVDを買う時もお店によっては学割があったりします。

ロンドン思い出の記(その10)

New CrossからElephant & Castle方面にバスで向かう時、New Kent Rd.ですごく気になっていた文字。
ストリートビューでもしっかり確認できました。




拡大してみると「天下一品」の文字が!!



ロンドン思い出の記(その9)

ロンドンで唯一フットボールを見に行ったスタジアムが「Millwall FC」のホームThe New Den。




セントマの学生時代通して住んでいたエリアから一番近いクラブがここでした。いわゆる地元クラブ。
このクラブは、当時チャンピオンシップという2部に相当するリーグに所属しており、その後3部に落ちましたが、再び2部で頑張っているようです。

ミルウォールと言えばフーリガンというようなイメージのクラブで、ファンが試合開始前に"No one likes us, We don't care"と歌うのは有名な話です。まあそんなクラブですので、ミルウォールのゲームを観に行くと友人に伝えた時は本気で引き止められた事を覚えています。そんな大きなスタジアムではないですが、雰囲気は最高でした。さすが本場!

ロンドン思い出の記(その8)

セントマと同じUniversity of the Arts Londonを構成しているカレッジのひとつLondon College of Communication(LCC)の校舎。私がセントマに入る少し前まではLondon College of Printingと言う名でLCPと呼ばれていたようです。

学生時代は寮も寮を出てフラットをシェアをしていた時もSouth Eastに住んでいたので、悪名高いElephant & CastleにあるLCCはCentralやセントマに向かう通り道であり、セントマよりも図書館の設備が充実していたので、リサーチやポートフォリオ作りではよく通いました。
またグラフィックデザインが強い学校なので、日本でグラフィックデザイナーとして働いた後に留学している学生も多く、彼らはイラストレーターやフォトショップのプロなので、使い方をご指導いただいたりしました。考えてみると、ここの図書館に通ってなかったら私はフォトショップやイラストレーターをほぼ使えてないと思います。




ロンドン思い出の記(その7)

卒業まで寮で暮らすつもりだったのですが、むこうでありがちなブッキングのミスで、2年生に上がる前に出なければならなくなりました。完全に向こうのミスですが、どう文句言ったってどうにもならないのがロンドン。そんな訳で急遽探して引っ越したのがSurry Quays駅近くのここ。

駅前に24H営業のTESCOがあり便利なとこでした。3人でシェアして1年ほど住みました。
冗談みたいですが、ちょっと家が傾いていたので、部屋の端の方に長くいると気分が悪くなるところとかあったので、ちょっと注意が必要な部屋でした。




ロンドン思い出の記(その6)

セントマのメインのSouthampton Rowの校舎。
私の通っていたMA Fashion Womenswearはこちらではなく、Charing Cross Roadの校舎にありました。それでも、Charing Xの校舎にはcanteenがなかったので、たまにランチに来たりしました。
重厚な雰囲気で趣があり大好きな校舎でした。
残念ながら、こちらもKing's Crossにできた新校舎へ移転のため今は使われていないようです。
噂ではホテルに改装されるとか。実現するのであれば、ロンドンに行く時には是非泊まってみたいです。




ロンドン思い出の記(その5)



わが母校Central Saint Martins College of Arts and DesignのCharing Cross Roadの校舎。
私の通っていたMA Fashion(大学院修士課程)は写真でいうと3Fにあたる窓のところがスタジオでした。朝から晩までずっといた思い出深い校舎です。
今もロンドンに残っている友人に聞いたところ、King's Crossにできた新校舎へ移転してこの校舎は閉鎖されたようです。
キッタナイ校舎でしたが、なくなると寂しいです。

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

ロンドン思い出の記(その4)

ロンドンでの生活が始まってまもなくEURO2004がはじまりました。
イングランド戦がある日はイングランド代表のキットを来ている人、国旗を掲げている車、応援の手拍子を車のクラクションで表現する人。。。そらもうお祭りです。

初めてのパブでの観戦はこのDutch Barでのオランダ×チェコ戦でした。場所はChina Townのすぐ横。
のフラットメイトにオランダ人がいたので、連れて行ってもらいました。




オランダのゴールが決まると手にビールの入ったグラスを持ったまま万歳するので、ビールの雨が降ってきます。
ある意味ヨーロッパのフットボール文化を感じた瞬間でした。
結局オランダはこの試合に負け、一緒に行ったオランダ人は帰るまでずっとオランダの選手にレッドカードを出したレフェリーへの愚痴をこぼしていました。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM